LEIALOHA PRODUCTS PREZENTS
PANIOLO COUNTRY LIVE
HAWAIIAN COUNTRY MUSIC & COUNTRY LINE DANCEをお楽しみください

2007年9月30日(日) アルファンブラ




 BORDER COWBOY
オールド・カウボーイソング、クラッシック・カトリー、ブルーグラス を
おなじみの曲からマニアックなナンバーまで
心地よいアコ―スティ クな編成で演奏するユニットBORDER COWBOY。
軽快なバンジョーやフィドルがアメリカンな雰囲気を演出します。
 



FROMテキサスのJJとカントリーダンス体験



全員初めてのカントリーダンス体験
足のステップを踏むだけなので、初心者でも入っていきやすいし、
とにかくジャンル問わずでどんな音楽でも踊れちゃうってのがいい。





PANIOLO DANCER



LEIALOHA
&
 VOYAGE PRODUCTION






一部 PANIOLO HULA SHOW



オープニングでいきなり男性フラ登場
PANIOLOと言ったらやはり男性フラでしょう!


   

と思ったら今度はセクシーなヘソダシカウガールの登場。
バンドのボーダーカウボウイのメンバーが一言。
「へー!ハワイのカウボウイは、はだしでヘソダシか。
俺らもブーツ脱いだ方がいいのかな」
そんな事ないですよ。
これはあくまでも踊りのショーの世界の事ですから。
ハワイの本物カウボウイ達はちゃんとブーツを履いています。


    

このBORDER COWBOYと言うグループは
プロのカントリーバンドなんですが、
レパートリーにウエストコーストサウンドと言われる
イーグルスなんかも歌ってるんですね。

その手はLEIちゃんにお任せください。
あるんですよ。イーグルスのハワイバージョンが。
歩くポリネシアン博士といわれるLEIですから
そんな事を聞いてしまったらやらないわけがない。

かわいそうにバンドリーダーの北農さんは
ハワイ語のお経まで覚える事になってしまいました。




でもすごい。さすがプロ。
当日はハワイ語のお経にハモリまで入っていた。
そんなこんなでBORDER COWBOYにとっても
初めてのジョイントであり
始めてのハワイアンカントリー PANIOLO SHOW も

無事最後まで何事もなくそつなく終了。
バンドの方々にも「パニオロもおもしろいなー」
と興味を持っていただきまして、
また来年頑張っちゃおうと思ったLEIでした。


一部のフィナーレはVOYAGE PRODUCTIONのMANAが
スタートを切り続いてRICHARD
そして最後にLEIが加わり

バンドはBORDER COWBOYと
一部のPANIOLO SHOWのメンバーが全員そろって無事終了。




      



   





二部 カントリーラインダンス

二部は本場フロームTEXASのJJと一緒に遊び
生の
カントリーラインダンスをお客様に体験していただこうというコーナー。

   

JJというアメリカ人の女性はとってもやさしくて
ファッショナブルでとってもかっこいいです。

お客様にも親切で沢山のお客様に参加いただき
大変ありがとうございました。






二部は本当のアメリカンカントリーなので

BORDER COWBOYもVERYリラックスしたみたいで
バイオリン有りバンジョー有りハーモニカ有りと
まるでディズニーランドのウエスタンランドにいる気分。

3人のパニオロダンサーズも飛び入り参加で
場はしっかりと盛り上がりました。




フィナーレには舞台監督の清水さんまで出て来て皆様にご挨拶。
私達の世界では舞台監督
の事をブタカンというのですが、
このブタカンはとってもおもしろい方で
いつもリハーサルのフィナーレでふと気が付くと
私達の前で踊っているんですよねー。
普段は怖い顔してるんですけどねー。
カラオケに行くとセンスを出して踊り出すし
もしかして会社では宴会係りやっているのかなーなんて
みんなで心配しています。




ALOHA KAKOU
MALAMA PONO
A HUI HOU
MAHALO NUI LOA



ショーの 問い合わせ&申し込み

03−3635−7561

メールでのお問い合わせ


※仕事以外のお問い合わせはは御遠慮下さい